北海道オホーツク海で獲れるカニ・蟹は日本人の大好きな食材一つです!

食品リサイクル

食品リサイクルによる新しいビジネスの発掘!!

我々の日常生活の中で食の無駄が多く、日本人の食の43%は残飯で捨てられていると言うデーターが出ています。

その残飯を「食品リサイクル」の新しいエネルギー変換として食の循環によるビジネス商機が生まれてきています。

生ゴミ''」から「メタンガス」を発生させて「家庭用電気''」へ変換させる技術が注目されて来ている。

又、有機農業の発展も注目されてきています!
有機農業の価値は新しいビジネスに発展して、日本国内だけで無くアジヤを中心とした海外へ進出をしています。

有機・農薬不使用栽培による高付加価値化

昨今の「食」に関する相次ぐ不祥事が重なり、食品を取り扱う企業に対して、安全性が問われています。
また、遺伝子組み換え農産物、残留農薬野菜、アトピー、各種アレルギー等の問題により、農産物の安全性が更に重要視されるようになりました。
まさに、有機・農薬不使用栽培の農産物に対する需要は高まる一方なのです。

また、有機・農薬不使用栽培の農産物は、栽培するのに手間がかかるため、高値で販売されているのが一般的です。今後、農業ビジネスに新規参入する場合は、有機・農薬不使用栽培に取り組んでいくことが重要になります。

つまり、極力手間をかけずに効率よく品質レベルの高い有機・農薬不使用栽培の農産物を生産し、付加価値を高めて販売していくことがポイントになるのです。

では、どうすればこのような農業が可能になるの?

まずは自然界の原理原則(食物連鎖)を理解することが重要です。
そして、農薬、化学肥料を使用せず、農産物を元気に育てるということが基本になります。

具体的な手段としては、「食品リサイクル」による良質な発酵液肥を自社で生産し、その肥料を活用した循環型農業へ取り組んでいくことが大変有効になってくるのです.

自社農産物を活用したオリジナル商品!★

 自社で栽培した有機・農薬不使用農産物は、栽培履歴が明 確であり、自身を持って提供することができます。

 最近注目されている食品のトレーサビリティ問題につい  ても明確にすることが可能です。

 そして、自社で栽培した品質の良い農産物を自ら活用するこ  とができます。

 まずは一品からでも始めて、徐々に増やしていくと共に、自  社の姿勢を消費者へアピールすることが重要なのです。

食品リサイクルによる高品質な液体肥料づくり!★

※農業ビジネスの成功の秘訣は『食品リサイクル

農業ビジネスで成功するための重要なポイントとして、食品リサイクルへの取り組みが上げられます。

通常の生産農家は、農薬や化学肥料の購入費用として売上に対して1〜2割の経費がかかっています。
しかし、この経費については、食品リサイクル事業に自ら取り組むことにより、経費削減どころか自社食品廃棄物の活用や場合によっては廃棄物処理費用をいただいて生産することが可能になるのです。

液体肥料の活用により素人でも有機・農薬不使用栽培が可能になる!

一般的に、食品リサイクルにより食品廃棄物から生産されるものは、粉末状の堆肥形態のものが多いのですが、発酵効率や肥料価値を考えた場合、「''液体肥料''」タイプがより良いと言えます。

液体肥料の農法は、全く新しい農業スタイルであり、プロの生産農家よりも、むしろ素人の方が成功しているのも事実です。

スポンサードリンク

powered by Quick Homepage Maker 3.33
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional